シューズレビュー

【シューズレビュー】薄くてクッションもありスピードも出せる ブルックス ハイペリオンテンポ

投稿日:2021年5月8日 更新日:

今回の記事ではブルックス(ハイペリオンテンポ)のレビューをしていこうと思います。

レビューでは良いものは良い、悪いものは悪いと一切の偏見なく、正直にレビューしていきますのでぜひご参考にしてください。

シューズの評価はクッション性安定性耐久性コスパ反発性軽量性の6つの項目をグラフで10段階評価します。

そして6つの点数を合算してシューズの偏差値を出します。

参考程度に私の自己ベストを載せておきます。1500m4分05秒、5000m15分23秒、ハーフ70分25秒、フル2時間32分57秒。

商品紹介 

特徴

  • 〇窒素を練りこませたもちもちミッドソール
  • 〇ブルックス版ペガサスターボ
  • 〇ブルックスが話題となった1足

ターゲット

サブ3向け、ジョグ用、スピード練用、インターバル、ペース走

サイズ感

サイズ感はやや小さめです。

私は27.0cmを購入しました。27.5㎝がベストでした。

ワイズはDのみの展開ですので横幅が気になる人は合わない可能性があります。

私が履いているシューズのサイズ感になります。

名称サイズ感サイズ
フューエルセル プロペル少し小さい27.0㎝
フューエルセル レベルv2丁度よい27.5㎝
ノヴァブラスト少し大きい27.5㎝
ゲルカヤノ27丁度よい27.0㎝
ペガサス37 フライイーズ少し大きい27.5㎝
ハイペリオンテンポ少し小さい27.0㎝
アディゼロRC2丁度よい27.5㎝
ディビエイトニトロ丁度よい27.0㎝
クリフトン7丁度よい27.0㎝
SL20少し大きい27.5㎝
フューエルセル TC丁度良い27.5㎝
フューエルセル エリート丁度良い27.5㎝
マジックスピード丁度良い27.0㎝
ネクスト%少し小さい27.0㎝
アルファフライ丁度良い27.5㎝

①コスパ

価格

定価は19800円(税込)。

アマゾンで1万5千円前後になっているとことを購入しました。

定価に対してのコスパは低く感じます。

②軽量性

重さ

27.0㎝を購入して重さは206。重さは軽量級です。

③クッション性

厚さ

独自の測定方法ですので参考値程度にしてください。

地面から台の高さ11.9㎝-ミッドソールから台の高さ9cm=ソールの厚さ2.9㎝

④反発性

ミッドソール

DNA FLASHを使用しています。

臨界流体という固体と液体の中間の素材に窒素が練りこまれています。

巷ではナイキのペガサスターボが廃盤になり、そのポジションを担うシューズになるのではないかと注目されました。

が、しかし

動画を見てもわかる通りミッドソールを押してみるとあまり変形しません。正直言うと触った感じは思っていたよりも固いです。

ミッドソールの固さで比べるとニューバランスのレベルV2のほうが格段に柔らかいです。

フューエルセル(レベルV2)→ズームX→DNA FLASHの順で柔らかいです。

ミッドソールの湾曲の自由度はかなり高く柔らかいです。元に戻る復元力もあります。

⑤耐久性

アウトソール

ミッドソールにラバーが張り付けられた形となっています。

凹凸の高さは1ミリ程度あります。滑る感じはありません。

キロ4分で7キロ程度走りましたがすり減りもなしです。

インソール

ひもじいペライチのインソールとなっています。厚みはかなり薄いです。

⑥安定性

アッパー

アッパーにはハイエラスティックナイロンを採用しています。素材感は伸縮性がないです。

2ミリ程度の通気孔が空いており通気性良く作られています。

中足部の内側は1重構造になっています。

補強素材は側面のブルックスのマークと内側にもブルックスのマークが入っていて補強材の役割を果たしています。

ヒールカップ

曲げられないようにヒールカップが入っています。

踵の形状は踵の内側にはパットは入っていないタイプのせりあがる形になっており、フィット感も良好です。

実際に走ってみた感想

実際に走ってみた感想は想像以上によくできているシューズという印象です。

今まで日本での流通が少ないブルックスだったためクオリティーに心配もありましたが、そんなことはなくスロージョグからキロ3分前半くらいまでは対応できる感覚です。

ただ前評判を聞いていた感じだとミッドソールはかなり柔らかいことを想像していたのでその点は裏切られました。

あともう一つ難点を上げるとしたら価格です。正直定価で買うほどの価値は見いだせないです。

一万円半ばでしたらいろいろな場面に使えるので買う価値はあります。

競技者の視点だとスピード練にもペーランにもちょっと速めのジョグでも使用できるマルチなシューズですが、サブ5やサブ4の市民ランナーにとってはクッションの厚みと弾力感が足りないと思います。

この靴の良さを感じられるのは流しやキロ4分を軽く切るペースだと感じました。沈み込む感覚があまりなく、ミッドソールが薄く、反発のレスポンスが速いのでゆっくり走るのであればミッドソールがもっと厚いシューズのほうが感覚が良いかもしれません。

シューズ評価 39点(60点満点) 100分率65%

-シューズレビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【シューズレビュー】モンスター級クッションを体験せよ!オン クラウドモンスター On Cloudmonster

今回の記事ではオン クラウドモンスターのレビューをしていこうと思います。 レビューでは良いものは良い、悪いものは悪いと一切の偏見なく、正直にレビューしていきますのでぜひご参考にしてください。 シューズ …

【シューズレビュー】陸上部の活動のお供に アシックス HYPER SPEED(ハイパースピード)

今回の記事ではサブ3ランナーの私がアシックス ハイパースピードのレビューをしていこうと思います。 レビューでは良いものは良い、悪いものは悪いと一切の偏見なく、正直にレビューしていきますのでぜひご参考に …

【シューズレビュー】ニューバランスからカーボン入りトレーニングシューズが登場 ニューバランス FuelCell TC (フューエルセル TC)

今回の記事ではサブ3ランナーの私がニューバランスFuelCell TC (フューエルセル TC)のレビューをしていこうと思います。 レビューでは良いものは良い、悪いものは悪いと一切の偏見なく、正直にレ …

【シューズレビュー】プーマ舐めてました。万能カーボンプレートシューズ プーマ ディヴィエイト ニトロ エリート レビュー

今回の記事ではプーマ ディヴィエイト ニトロ エリートレビューをしていこうと思います。 レビューでは良いものは良い、悪いものは悪いと一切の偏見なく、正直にレビューしていきますのでぜひご参考にしてくださ …

【シューズレビュー】前足部のみカーボンプレート搭載 入門 アシックス MAGIC SPEED マジックスピード

今回の記事ではサブ2.5もどきランナーの私がアシックスMAGIC SPEED(マジックスピード)のレビューをしていこうと思います。 レビューでは良いものは良い、悪いものは悪いと一切の偏見なく、正直にレ …