大学駅伝

9月30日 早稲田記録会 結果 まとめ

投稿日:2020年10月1日 更新日:

リザルト

今回の記事では2020年9月30日早稲田記録会の結果をまとめています。

3000m

順位名前所属タイム
1中谷雄飛早稲田8:00.19
2菖蒲敦司早稲田8:07.94
3諸冨湧早稲田8:11.17
4柳本匡哉早稲田8:18.59
5北村光早稲田8:27.89
6本郷諒早稲田8:34.22
7白井航平早稲田8:36.31
8茂木凛平早稲田8:36.73
9黒田賢早稲田8:36.98
10濱本寛人早稲田8:37.30
11和田悠都早稲田8:39.17
12牧瀬雄祐早稲田8:49.51
13武田知典早稲田実業9:24.36
14佐々木大輔早稲田実業9:24.98
15大木雄太早稲田実業9:51.39
16坂西達基早稲田実業9:55.71
17大久保敦史早稲田実業10:12.07
18平林瑞己早稲田実業10:13.70

5000m1組

順位名前所属タイム
1山口賢助早稲田14:01.2
2太田直希早稲田14:04.1
3安田博登早稲田14:08.2
4室伏祐吾早稲田14:15.8
5向井悠介早稲田14:18.8
6遠田光太郎日本14:21.3
7住吉宙樹早稲田14:23.7
8濱田祐知日本14:27.9
9小林陸大日本14:37.8
10疋田和直日本14:38.5
11桃川翔大日本14:39.7
12原田愛星日本14:41.8
13土井拓実日本14:42.2
14西村翔太日本14:52.1
15山本起弘日本14:58.5
16小野修平日本15:12.2
17下尾悠眞日本15:13.2
18中山泰地日本15:20.6
19吉田詠司日本15:30.4
20小林達哉日本15:35.2
21塚原達己日本15:49.3

5000m2組

順位名前所属タイム
1ビクターコリルキプキルイGMO13:35.91
2近藤秀一GMO13:36.19
3吉田祐也GMO13:36.86
4下田裕太GMO13:42.99
5設楽啓太日立物流13:44.57
6島貫温太GMO13:45.10
7井川龍人早稲田13:45.30
8イングルデービットグレGMO13:46.40
9渡邉利典GMO13:47.18
10辻文哉早稲田13:49.31
11倉田翔平GMO13:52.31
12山岸宏貴GMO13:54.18
13竹内竜真日立物流13:55.44
14一色恭志GMO13:56.92
15前田将太日立物流13:57.24
16小町昌矢日立物流13:59.00
17林奎介GMO14:03.91
18橋本崚GMO14:04.54
19森田歩希GMO14:07.17
20越川堅太日立物流14:10.95
21三木雄介日本14:30.65
22谷口賢日本14:33.02
23鈴木創士早稲田DNF

10000m

順位名前所属タイム
1小坂友我日本28:55.4
2武田悠太郎日本29:56.8
3若山岳日本30:04.4
4船越睦日本31:11.5
5野田啓太日本32:14.2
6チャールズドゥング日本DNF

早稲田順調に強化進む

チーム中間層の強化が着々と進んでいる様子です。3000mでは中谷選手があとわずかで7分台突入、菖蒲選手、諸冨選手も8分10秒前後でまとめています。柳本選手、北村選手も日本インカレの疲労を考慮すれば許容範囲です。

大きな収穫は5000mです。下記が今回5000mで自己ベストを更新した早稲田の選手です。井川選手、辻選手が13分40秒台でまとめ、山口選手、安田選手、室伏選手、向井選手、住吉選手がベストを更新しています。特に室伏選手、向井選手、住吉選手の3選手は今年に入ってから連続で早稲田記録会で自己ベストを更新しており波に乗っています。

今年は長い距離のレースがない分各校の戦力がわかりませんが、短い距離のスピードが伸びているということは長い距離へもよい効果を与えているはずです。絶好調の1年生だけでなく、たたき上げの選手が伸びてきたことでさらにチームの厚みが増しています。

井川龍人13:54.5913:45.30
辻文哉14:05.6813:49.31
山口賢助14:24.2314:01.15
安田博登14:16.3814:08.22
室伏祐吾14:17.0514:15.75
向井悠介14:34.1214:18.84
住吉宙樹14:29.6914:23.73

日大箱根予選に暗雲

一方で日大は箱根予選に暗雲が立ち込めています。主力選手が多数出ていないことから調子の上がらない選手や故障明けの選手の出場が多いのではないかと思います。

5000mでは遠田選手の自己ベストは収穫も9人出場して14分半を切った選手が遠田選手と濱田選手2名のみです。

10000mでの朗報は小坂選手が28分台を出しています。自己ベスト31分32秒から1分30秒以上更新してきました。気になるのは武田選手、若山選手、野田選手の調子がいまいち上がっていないことです。3選手とも10000mの自己ベストは武田選手、野田選手が29分一桁、若山選手が29分半とチームの核となる選手です。特に野田選手は今回32分台ということで明らかに本調子ではありません。予選会までは20日を切っているのでうまく合わせられるとよいのですが厳しそうな印象です。

チーム状況をみると日本インカレでは樋口選手、横山選手の日本人エースが苦戦している様子でした。ドゥング選手もここ最近は爆発力のあるレースはできていないので頼ることを考えてばかりではいられません。他の主力選手が不調な選手を補うくらい良いことを願います。

GMO近藤選手13分36秒 東大最速ランナー

5000m2組にはGMOの選手が多く出場しています。日本人トップはGMO近藤選手で13分36秒と大幅自己ベストを更新しています。東大出身のランナーの中では5000mの最速記録です。

次いで吉田選手、下田選手、島貫選手も自己ベストを更新しています。GMOは全体的に見ても仕上がっており東日本実業団駅伝ではトップ通過候補です。

他の実業団をみると日立物流の設楽啓太選手が13分44秒とここ最近では一番良いタイムを出して調子が上がってきていることがうかがえます。

-大学駅伝

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【#早稲田記録会】2024/1/31結果

【#早稲田記録会】山口智規(2)早稲田大 28:17.87間瀬田純平(2)早稲田大 29:24.39伊藤大志(3)早稲田大 29:34.21工藤慎作(1)早稲田大 29:38.16吉倉ナヤブ直希 ( …

【丸亀ハーフ】2024/2/4

〇招待選手学生 リチャードエティーリ(東国大)アモス ベット(東国大)篠原倖太朗(駒大)伊藤蒼唯(駒大)黒田朝日(青学大)荒巻朋煕(青学大)吉田礼志(中学大)浅井皓貴(順大)北村惇生(山学大)山口 …

no image

2020年10月3日 国士館記録会 結果 

2020年10月3日に行われた国士館記録会の記録を掲載しています。 リザルト 5000m1組 順位名前所属タイム1ロホマンシュモン市立橘14:52.002安藤凛相洋15:11.023曽根雅文国士館15 …

全日本大学駅伝2020 シューズ着用率調べ なんとナイキが全体93%のシェア 他社メーカーの厚底は如何に

今回の記事では全日本大学駅伝2020年の出走選手シューズ着用率を調べました。ナイキの厚底が1強になっている中、ここ最近では他社も対抗して厚底シューズを開発してきましたがどんな結果になっているのでしょう …

no image

2020全日本大学駅伝 立命館大学 関東勢にも負けない! 実は今13分50の選手が4名もいるんです。

今回の記事では2020年全日本大学駅伝関西地区代表立命館大学の紹介をさせていただきます。昨年は出雲駅伝6位チーム歴代最高順位をたたき出し、全日本大学駅伝は関東勢に食らいつき12位と健闘しています。 今 …