シューズレビュー

【シューズレビュー】前足部のみカーボンプレート搭載 入門 アシックス MAGIC SPEED マジックスピード

投稿日:2021年6月4日 更新日:

今回の記事ではサブ2.5もどきランナーの私がアシックスMAGIC SPEED(マジックスピード)のレビューをしていこうと思います。

レビューでは良いものは良い、悪いものは悪いと一切の偏見なく、正直にレビューしていきますのでぜひご参考にしてください。

シューズの評価はクッション性安定性耐久性コスパ反発性軽量性の6つの項目をグラフで10段階評価します。

参考程度に私の自己ベストを載せておきます。1500m4分05秒、5000m15分23秒、ハーフ70分25秒、フル2時間32分57秒。

商品紹介 

MAGIC SPEED

カーボンプレート搭載モデル

最高峰のレーシングシューズのコマーシャルモデル。 優れた走行効率性と、クッション性・反発性を併せ持つランニングシューズです。

ガイドソールとカーボンプレート、厚みをもたせたミッドソール設計、そして反発性に優れたFLYTEFOAM BLASTが、ベストタイムでマラソンを走り切るための十分なスピードとプロテクションを提供します。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08KRX2HPC/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o02_s00?ie=UTF8&psc=1

特徴

  • 〇つま先のみのカーボンプレート
  • 〇グライドソールテクノロジー

ターゲット

サブ3向けモデル

価格

定価は17600円(税込)。

Amazonで約6000円分のポイントが付与だったので実質約11000円で購入することができました。

重さ

27.0㎝を購入して重さは239g

サイズ感

27.0㎝か27.5㎝を迷って賭けで27㎝を購入しました。

結果的にサイズ感は丁度良かったです。

横幅は3Eになります。

私が履いているシューズのサイズ感になります。

名称サイズ感サイズ
フューエルセル プロペル少し小さい27.0㎝
フューエルセル レベルv2丁度よい27.5㎝
ノヴァブラスト少し大きい27.5㎝
ゲルカヤノ27丁度よい27.0㎝
ペガサス37 フライイーズ少し大きい27.5㎝
ハイペリオンテンポ少し小さい27.0㎝
アディゼロRC2丁度よい27.5㎝
ディビエイトニトロ丁度よい27.0㎝
クリフトン7丁度よい27.0㎝
SL20少し大きい27.5㎝
マジックスピード丁度良い27.0㎝

クッション性

ソールの剛性確認動画
クッションの柔らかさ

厚さ

独自の測定方法ですので参考値程度にしてください。

地面から台の高さ11.9㎝-ミッドソールから台の高さ8.5cm=ソールの厚さ3.4㎝

ミッドソール

フライトフォームブラスト(FLYTEFOAM Blast)を使用しています。

トランポリンの感覚をおしているように非常に反発性の高い素材だと感じています。

ノヴァブラストにも採用されている素材ですが、ノヴァブラストよりは固く感じました。

おそらく、ノヴァブラストはミッドソールが変形しやすいようにあえて接地面に深い溝を入れているのですが、マジックスピードの場合は平らになっているので跳ねる感じを減少させて安定感を出しています。

グリップ性

アウトソール

AHAR(エーハー)という素材を使用しています。

耐久性が要求される自動車タイヤにも用いられているゴムを主材料とし、それに補強材を配合することで、耐摩耗性を向上させています。当社従来ラバーと比較して、AHARは約2倍、AHARPLUSは約3倍の耐摩耗性を発揮します。スポンジタイプは当社比50%以上の軽量化を実現しています。

https://corp.asics.com/jp/about_asics/institute_of_sport_science/technology/ahar

AHAR(エーハー)を張り付けて溝を作りグリップ力を高めています。この造りによって凹凸のあるタイプのグリップに比べて擦り減りを抑えられるようになっています。

安定性

アッパー

アッパーはモノフィラメントが採用されています。

モノフィラメントメッシュ…繊維が従来の約半分の細さで、同等の強度を持っている。

アシックスのシューズでは珍しく厚みのあるようなアッパー素材ではなく、薄く蒸れにくい素材になっています。

サブ3を目指すランナーのモデルなのでこういったところで軽量化をはかっています。

アッパーの内側は一重の構造になっており、外側のアシックスマークのみが補強材になっています。

シュータン

シュータンも厚いメッシュ素材ではなく、薄くなっています。

ヒールカップ

踵のヒールカウンターの厚みは薄いですが、しっかり補強材が入っています。

踵の内側にはストッパーがついています。

また、最近主流のせりあがっている踵の形状ではないのでホールド感も安心です。

アシックスの強みである安定感は健在です。

実際に走ってみた感想

一言でいうと入門カーボンプレートシューズです。

つま先のみにカーボンプレートが入っている特殊な設計ですが、助力は感じられます。

グライドソールテクノロジーでソールが͡弧を描くように湾曲しているのでスムーズな重心移動をさせてくれます。

踵接地のランナーはもちろんつま先接地のランナーにもご利用ただけるシューズになっています。

ただフルレングスではカーボンが入っていない分、テコの原理も減少するので反発力に関してはズームプライ以下だと感じます。

スピードの適正範囲は速くてキロ3分20秒前後、3分40秒前後では快適に走ることができました。それ以上で走るとなると上級ランナーは少し物足りなさを感じるかもしれません。

シューズ評価 39点(60点満点) 100分率65%

-シューズレビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ホクレンDC【深川大会】メーカー別シューズ着用率まとめ

今回の記事では2020年7月5日に行われたホクレンディスタンス深川大会の男子5000mのシューズ着用率まとめました。 各組のリザルトと着用シューズ 着用しているシューズの判断はホクレンディスタンスで配 …

【シューズレビュー】前作のと比較 改善点をすべて改良‼耐久性、クッションともにUP ニューバランス フューエルセル レベルv3

今回の記事ではニューバランス フューエルセル レベルv3をレビューしていこうと思います。 レビューでは良いものは良い、悪いものは悪いと一切の偏見なく、正直にレビューしていきますのでぜひご参考にしてくだ …

【シューズレビュー】インターバルにもペース走にも万能 中厚底アディゼロ タクミ セン 8 / ADIZERO TAKUMI SEN 8

今回の記事ではサブ3ランナーの私がアディゼロ タクミ セン 8 / ADIZERO TAKUMI SEN 8のレビューをしていこうと思います。 レビューでは良いものは良い、悪いものは悪いと一切の偏見な …

【シューズレビュー】ミズノからプレート入りハイカットレーシングシューズが誕生 ミズノ ウェーブデュエルネオ

今回の記事ではサブ3ランナーの私がミズノ ウエーブデュエルネオのレビューをしていこうと思います。 レビューでは良いものは良い、悪いものは悪いと一切の偏見なく、正直にレビューしていきますのでぜひご参考に …

【シューズレビュー】ついに出た‼ニューバランスから厚底カーボンシューズ ニューバランス FuelCell RC ELITE (フューエルセル アールシーエリート)

今回の記事ではサブ3ランナーの私がニューバランス FuelCell RC ELITE (フューエルセル アールシーエリート)のレビューをしていこうと思います。 レビューでは良いものは良い、悪いものは悪 …