陸上記事

私的大学駅伝ニュース ホクレンDCチャレンジ、関東学生網走夏季記録挑戦競技会ほか(2022/07/11~2022/07/17)

投稿日:2022年7月25日 更新日:

大学生を中心に今週あった大学駅伝ニュースをまとめています。個人的に印象に残った選手や結果を簡単にまとめていますのでご覧ください。

ホクレン・ディスタンスチャレンジ 網走大会 7月13日(水)

大東文化がいい!!

日大の主力が存在感を表す

男子 5000mB組で下尾悠真が13分48秒55の自己ベスト更新

男子 5000mA組では松岡竜矢が13分44秒35自己ベスト更新

國學院は学内歴代記録連発

平林清澄が男子10000mB組で國學院歴代2位の記録となる28分12秒16の自己ベストを更新。

男子5000mA組では中西大翔が13分38秒の自己ベストを更新。國學院歴代1位

男子 5000mB組では山本歩夢が13分46秒35の自己ベスト更新。國學院歴代4位

中野翔太、今季絶好調10000m中央記録更新

男子10000mB組で中野翔太が中大記録の28分00秒86の自己ベストを更新した。

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2022千歳大会 7月16日(土)

東海

溝口仁選手が13分41秒33の自己ベスト。

石原翔太郎選手が13分29秒21の自己ベスト。故障明けいきなり13分20秒台に突入してきました。潜在能力が恐ろしい選手です。

中溜池一太選手が13分47秒88の自己ベスト更新。

神奈川

中原優人選手が5000mで13分46秒84の自己ベスト更新。神大記録樹立。関東インカレ2部1500m3位に続き、好調を維持しています。

東京国際

牛誠偉選手が5000mで13分50秒28の自己ベスト更新。

上武

海村蓮選手が13分56秒84の自己ベスト。久しぶりのチーム内13分台の選手が出てきてくれました。

関東学生網走夏季記録挑戦競技会 7月18日(月)

國學院

大東文化

神奈川

-陸上記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【MGCをもっと楽しく観るために】~パリ2024オリンピック競技大会 マラソン日本代表選手選考競技会~マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ

この記事では~パリ2024オリンピック競技大会 マラソン日本代表選手選考競技会~マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ(以下、MGC)をもっと楽しく観るために書いていきます。 MGCフ …

【丸亀ハーフ】2024/2/4

〇招待選手学生 リチャードエティーリ(東国大)アモス ベット(東国大)篠原倖太朗(駒大)伊藤蒼唯(駒大)黒田朝日(青学大)荒巻朋煕(青学大)吉田礼志(中学大)浅井皓貴(順大)北村惇生(山学大)山口 …

私的大学駅伝ニュース 関東学生網走夏季記録挑戦競技会、士別ハーフマラソン(2022/07/18~2022/07/24)

大学生を中心に今週あった大学駅伝ニュースをまとめています。個人的に印象に残った選手や結果を簡単にまとめていますのでご覧ください。 関東学生網走夏季記録挑戦競技会 07/18 東海、ブレイク必至!!梶谷 …

【#別府大分マラソン】2024/2/4

〇招待選手 下田裕太丸山文裕小山裕太畔上和弥大﨑遼安井雄一橋本崚 ◯一般エントリー 國行 麗生兼実 省伍熊谷 拓馬斉藤 翔太吉岡 智輝照井 明人緒方 貴典山本 芳弘山口 賢助牟田 祐樹山田 滉介岸本 …

箱根駅伝2022へ 創価大総合優勝に向けて足りないパーツ (エントリー発表後追記)

第98回箱根駅伝まで約一か月になる。97回大会で誰もが予想をしていなかった創価大の往路優勝、総合2位。超ダークホースとなった創価大の躍進は今年も続くのか。ただの陸上ファンが分析していく。 エースの仕上 …