未分類

箱根駅伝 関東学生連合 全17年分の出走回数を各大学ごとにまとめてみた

投稿日:2020年5月13日 更新日:

はじめに

 今回の記事では箱根駅伝の関東学生連合の大学別出走回数を関東学生連合制度が誕生した2003年から2020年までのデータをまとめてみました.

下の写真は各年代、各区間順に出走大学を表記しています。セルの色は大体ですがその大学のユニフォームの色にしています。統計の仕方としてはチームで2名まで同大学の選手が走れた頃も含めてカウントしています。私はデータを調べるまで知らなかったのですが、2004年は各地方の有力選手を全国から集めてチームを組んでいたようです。2004年は関東の大学のみデータに反映させました。

年代202020192018201720162015201320122011
1駿河台東京芝浦工業専修創価東京農大専修日大亜細亜
2東京農大駿河台専修中央専修専修東海日大松蔭
3城西創価桜美林駿河台国士館国士館拓殖松陰法政
4亜細亜麗澤明治東京農大麗澤平成国際創価専修創価
5育英筑波関東学院関東学院亜細亜流通経済流通経済流通経済流通経済
6流通経済防衛亜細亜日本薬科東京経済関東学院亜細亜法政大東文化
7麗澤東京農大東京農大武蔵野学院駿河台麗澤平成国際専修順天堂
8大東文化平成国際慶応城西東京工業東京国際松陰亜細亜麗澤
9山梨学院明治学院日本薬科亜細亜平成国際東京工業国士館亜細亜創価
10東京亜細亜日大東京国際國學院亜細亜関東学院法政法政
20102009200820072006200520042003
1神奈川國學院國學院東京農大帝京青山学院徳山国士館
2国士館法政明治拓殖関東学院國學院拓殖明治
3創価関東学院明治平成国際平成国際関東学院京都産業青山学院
4平成国際平成国際拓殖筑波青山学院国士館京都産業創価
5関東学院法政上武拓殖拓殖國學院筑波筑波
6國學院学習院平成国際学習院帝京創価立命館防衛
7松陰松陰國學院関東学院流通経済東京農大京都産業東京農大
8國學院立教関東学院東京農大麗澤東京岡山城西
9神奈川関東学院立教帝京東京農大東京農大國學院平成国際
10創価麗澤青山学院青山学院慶応慶応北海道教育国際武道
学生連合過去17年間大学別出走回数
 出場校回数
1関東学院11
2東京農大11
3亜細亜10
4平成国際10
5國學院9
6創価9
7専修7
8麗澤7
9国士館6
10拓殖6
11流通経済6
12青山学院5
13松陰5
14駿河台4
15筑波4
16明治4
17城西3
18帝京3
19東京3
20日大3
21学習院2
22神奈川2
23大東文化2
24東京工業2
25東京国際2
26日本薬科2
27防衛2
28立教2
29育英1
30桜美林1
31国際武道1
32芝浦工業1
33順天堂1
34上武1
35中央1
36東海1
37東京経済1
38武蔵野学院1
39明治学院1
40山梨学院1
過去17年間の関東学生連合出走回数

最多出場は関東学院大学、東京農業大学

 計17回学生連合チームが作られた中で関東学院、東京農大は11回も出場しています。なんと半分以上。すごいです。というかもう本戦にチームで出場してほしいです。これだけのこれだけの回数選手を送り出せるというのは育成力がないとできませんよね。関東学院はSNSや進学した後輩に話を聞くととてもよく選手を育成してくれていることが感じ取れます。

次点は亜細亜大学、平成国際大学

 出場回数は10回。亜細亜大学は箱根駅伝優勝経験もあります。平成国際大学も毎年のように選手を送り出しています。本戦には最近遠のいていますがこちらも箱根を走れる選手が毎年育成されているのが分かります。

今はシード校に…國學院大學、創価大学

 出場回数は9回。國學院は2020年箱根駅伝で総合3位、創価大学も劇的逆転で総合9位とすでにシード校入りを果たしています。着実にチームを強化してきたことが分かります。

箱根予選では次点に泣く…麗澤大学、専修大学

 麗澤大学はここのところ2年連続で箱根予選次点となっています。専修大学も毎回あと少し足りず本選出場が叶っていません。本選に出場できる力はあるはずなのであとは本番で力を出しきってほしいです。

箱根常連校も…拓殖大学、国士舘大学、流通経済大学

 出場回数は6回。拓殖大学と国士舘は最近は箱根常連校です。チーム力自体はある大学なので予選会に回った年にチームのエースが出ているという感じでしょうか。流通経済大学はチームの層を上げて行ってほしいです。

王者も通る道…青山学院大学、松蔭大学

 出場回数は5回。今では無敵に近い青山学院大学も力を溜めていた時期があります。数年前、本選に出れていないチームが今では優勝校になっているなんて誰も想像していなかったと思います。松蔭大学は私の中では、梶原有高選手の出身校のイメージです。実業団で活躍する選手も学生連合の道を通っています。

ランクアップして一気に本戦入りか…駿河台大学、筑波大学、明治大学

 出場回数4回。駿河台大学は昨年の予選会で徳本監督の予想を大きく上回るランクアップを見せました。筑波大学は国立大学でありながら、昨年久しぶりに箱根本戦の切符を手に入れチームとして出場を果たしています。明治大学は箱根常連校ですが何年かに一度本戦にチームとして出られない年があり4回のようです。このあたりの出場校は波に乗って本戦出場をかぎつけないとづるづると学連選抜が続く傾向があるのでぜひとも本戦出場の切符を取ってほしいです。

3回以下は常連校ではじかれた大学と個人として箱根を狙う大学が多い

 出場回数3回以下の大学を見てみると城西、帝京、大東、神奈川、順天堂、東海、上武、山梨学院、日大、東京国際など名の知れたところが多いです。戦国駅伝と言われているようにどの大学がいつチームとして出られなくなってもおかしくないほど各大学のチーム力は均衡してきています。

 非常連校では東京大学で箱根を走り現在はGMOアスリーツの近藤秀一選手や学習院で箱根を走ったプロランナーの川内優輝選手などチームとしては出場が厳しいチームでも実業団などで活躍する選手を学生連合は多く輩出しています。

次期ダークホースに慣れるか。不気味な2校…育英大学、立教大学

 育英大学は創部2年足らずで箱根出走ランナーを誕生させてます。人数は少ないですがその他にも走れる選手がいるので選手層が固まってきたときに楽しみなチームです。立教大学は箱根駅伝プロジェクトでかなり力を入れているようです。今年の1年生のスカウトも常連校並みに走れる1年生が大量に入ります。長い距離に対応させることができれば面白くなってくるかもしれません。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニューイヤー駅伝inぐんま第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会予選会通過チームの出身別大学まとめ

今回の記事ではニューイヤー駅伝 in ぐんま 第65回 全日本実業団対抗駅伝競走大会の予選会通過チームの出身別大学をまとめました。 ニューイヤー駅伝は東日本、関西、中部、中国、北陸、九州の6地区で予選 …

no image

長距離をもっと面白く観戦するために

はじめに  今回の記事では長距離、駅伝を観戦するうえで注目するとより観戦が面白くなるポイントを書いていきます。箱根駅伝を夢見る学生や陸上観戦やテレビで駅伝を視聴するファンの方もこの知識を知っておくこと …

2020年11月23日 10000m記録挑戦会 結果まとめ

2020年11月23日に神奈川県相模原ギオンスタジアムで開催されました10000m記録挑戦会の結果を掲載しています。 男子10000m 1組 順位名前学年所属リザルト1金城快2立教31:16.202佐 …

no image

2020年 全日本大学駅伝代替選考について

全日本大学駅伝代替選考 今年の全日本大学駅伝の代替選考をまとめます。選考条件は以下の通り。 2019年1月1日~2019年12月31日の期間に出した10000mの公認記録が対象高校生もこの期間に出した …

no image

7月26日 早稲田記録会 結果 まとめ

 今回の記事では2020年7月26日(日)早稲田記録会の記録を見ていきます。今回は主に早稲田大学、東洋大学の選手の結果にフォーカスしてみていきます。 早稲田大学 リザルト 2020/7/42020/7 …