未分類

2020年8月23日 セイコーゴールデングランプリ2020 1500m結果

投稿日:2020年8月31日 更新日:

今回の記事ではセイコーゴールデングランプリ2020の男女1500mの結果を記事にしていきます。

リザルト

男子1500mリザルト

順位名前所属タイム
1舘澤亨次DeNA3:41.07
2楠康成阿見アスリートクラブ3:41.39
3的野遼大MHPS3:42.02PB
4荒井七海Honda3:42.53
5阪口竜平SGH3:43.78
6戸田雅稀サンベルクス3:44.06
7木村理来愛三工業3:44.45
8甲木康博城西大城西高3:44.62PB 
9前田恋弥カネボウ3:47.00
10大竹康平広島経済大学3:48.89

女子1500mリザルト

順位名前所属タイム
1田中希実豊田自動織機TC4:05.27PB
2卜部蘭積水化学4:11.75PB
3萩谷楓エディオン4:13.14PB
4ヘレン・エカラレ豊田自動織機TC4:17.00
5後藤夢豊田自動織機TC4:22.26
6橋本奈津積水化学4:23.13
7陣内綾子九電工4:23.31
8中須瑠菜神村学園高4:31.92
9吉川侑美ユニクロ4:32.46

舘澤亨次選手が復調、圧巻のスパートで制す

優勝はDeNA舘澤亨次選手でした。今回の3:41.07は自己ベストの3:40.49に迫る記録です。レース展開はラスト300mから飛び出し舘澤選手らしさの感じられる圧巻のスパートで勝負を制しました。春先の大会が無くなってしまった分初戦は苦戦したものの東京選手権決勝からは調子よく来ています。

2020.7.18ホクレンディスタンスチャレンジ2020 第4戦 千歳大会03:46.9組8着
2020.7.23第83回東京選手権03:48.9予選1組1着
2020.7.24第83回東京選手権03:42.7決勝1位(大会新)
2020.8.23セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京03:41.11位
舘澤選手直近の成績

甲木選手高校歴代3位の裏には

実業団選手率いる中、大健闘を果たしたのは城西大学城西高校の甲木選手です。3:44.62の高校歴代3位の記録を叩きだしました。注目していただきたいのは指導者の育成力です。

以前まで佐野日大高校で指導していた中山隆さんが城西大学城西高校では指導を務めています。佐野日大高校では今まで多くの輝かしい成績を残している選手を育成しており指導力に定評があります。

代表例を挙げるとインターハイ1500m2位現日大2年生樋口翔太選手、東洋大学キャプテン大森龍之介選手を指導していました。今回の記録もその指導力の賜物です。今後の城西大学城西高校に期待です。

田中選手女子1500m14年ぶり日本新記録‼

女子1500mでは田中希実選手が終始レースを掌握し、4:05.27の女子1500m日本新記録で優勝を果たしました。試合直前にシューズの厚さ規定に引っかかってしまい、ご両親が近くのホテルまでスパイクを取りに行くというトラブルもあったようですが、それでも冷静に対処して日本新記録を更新しました。

2位の卜部蘭選手も積極的なレース展開で女子1500m日本歴代9位の4:11.75好記録を出しています。

新星、萩谷楓選手

私が個人的に注目している選手の1人が萩谷楓選手です。ここ最近は田中選手の活躍の陰に隠れてしまっていますが、5000mでは今の現役選手の中で2番目に14分台に近い選手だと思っています。

ここ最近の結果を見てもホクレン・ディスタンスチャレンジ2020 第2戦 深川大会3000mでは田中選手と同レース出で8分48秒12、ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020 第3戦 網走大会5000m田中選手と同レースで15分05秒78、ゴールデングランプリ2020の1500m田中選手と同レースで4:13.14と3戦連続で自己ベストを更新している絶好調の選手です。

田中選手とも同年代でライバルでもあると思うので今後の女子長距離界を引っ張って行ってほしいです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

市民ランナー図鑑

山本修平 (TeamNitro) 1:02:14→1:02:09 PB(時習館→早大→トヨタ自動車→引退)引退後に市民ランナーとなり、ハーフの自己ベストを11年ぶりに更新。浪人時代には5千m14:09 …

no image

第104回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走/第36回U20日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走(福岡クロカン)結果まとめ

2021年2月27日(土)福岡・海の中道海浜公園で行われた第104回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走/第36回U20日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走の結果を掲載しています。 リザル …

no image

マラソンで日本と世界との差は縮んでいない

 今回の記事ではマラソンにおいて世界の選手と日本人の差が縮まっているのかという題目で書いていきます。 厚底ランニングシューズの誕生  ナイキのカーボン搭載厚底ランニングシューズ(以下、厚底シューズ)が …

no image

箱根駅伝出場校の新入生を戦力分析してみた①  

 今回の記事では2020年箱根駅伝出場校の新入生を5000mの記録で分析しました。分析の仕方としては各大学の新入生の5000mのタイムの10人平均と全員平均を出し、その二つの平均タイムを順位ごとに並べ …

no image

2020年11月5日 早稲田記録会まとめ 早稲田、明治、東洋5000m10000mチーム最新チームランキング

今回の記事では2020年11月5日に行われました第8回早稲田記録会の結果とコメントを掲載しています。全日本大学駅伝直後で早稲田、明治、東洋、城西の控え選手が多く出場しています。東洋、明治、早稲田は現時 …